ミケハのブログ

日常の事など覚書。
★募集中★
サイドバー[カテゴリー・タグ]より
ガイド拝見→[募集]ガイド拝見

「ほの暗い永久から出でて 生と死を巡る対話」著者:上橋 菜穂子、津田 篤太郎

何て暗いタイトルなんだ! しかし、何でか惹かれるものがあり、読んでみた。
上橋さんって、あの「精霊の守り人」「獣の奏者」の著者さんなのかー、と著者略歴で知る(遅い)。
津田さんは、聖路加病院のお医者さんである。
お二人の往復書簡。


「なぜ、生きているのか?」という問いもあるが、
「なぜ、生きているのか?」と、なぜ問うてしまうのか?も合わせて考えている。


上橋さんのお母様が、ガンでお亡くなりになる前と後の心境などつづった場面もあり。
---
「なぜ、生きているのか?と考えることについて」
猛禽類(タカなど)が風力発電のプロペラで一刀両断されて死んでしまう。
その死に方全てが、上からのプロペラが当たりやられてしまう。
下からのプロペラでやられる事は無い。
タカは獲物を捕らえるために下を見るが、上は見ていない。
風力発電なんて大きなモノなのに、何でわからないのか?と人間は考えるが、それは人間側の考えである。


カンガルーが、車に引かれる。車はライトを点けているのに。
それは、カンガルーの頭に車が理解できないからでは?と予想。
自然の中に、車のようにタイヤでやってくる奴が居ないから、警戒できないのでは?という話。


上記と同じく、人間の頭の中も「考えの外」を考えられるような頭に変わらないと、「なぜ、生きているのか?」なんて問題には答えられないのかも?とお二人でやりとりしていた。


>コメント
幕末に、黒船が来た時、そこに黒船があるのに一般人には見えなかったらしい。
頭の範囲を超えたものは、そこに存在しても、人間には見えなくなるらしい。


また、”うろ覚え”だけど、
戦国時代の初期の頃、武将達は「公家が政治をする。武将はそのボディーガード。」という観念が支配していた。
織田信長だけが「武将が政治する」と初めて考えた人物で、画期的な思考の持ち主だった、と。


ここら辺の事例を並べると、地動説派が「天動説を受け入れられない」のも、わかる気がする。
固定観念を外すってのは、難しいものだ。
---
「死に向かいつつある」
上橋さん、閉経、更年期、健康診断の数値でも正常値を外し、朝起きると手がお芋のようにむくんでいる、などから、死のスイッチが入った(死に向かいつつある)と感じる。


津田さんは、もっと大きいくくりで、人間のY染色体は、X染色体が欠陥して出来た。Y染色体は、じょじょに小さくなっている。人間、そして、人類全体も死に向かいつつある。


Y染色体は、いつか無くなる?!


>コメント
この話、以前テレビでもやっていた。
しかし、Y染色体がなくなっても子孫が残せるかもしれない、とテレビでは言っていた。
だけど、Y染色体がなければ、男が産まれない、男がすごい短命なんて、安易に想像できる。
となると、人類全体の絶滅のカウントダウンは、やっぱり、始まっているということか?
---
「死とは?」
海は、恵みももたらすし、災害ももたらす。
これは「死」も同じではないか?と上橋さんが想像する。
---
人間は、生きてる以上、生きることについて物語を作らずにはいられない。
その物語により、厳しい状況を受け入れられるようになっている。


ここらへん、河合隼雄さんも言っている「物語の力」に通じるものがあるな~、なんて、思って読んだ。
とりとめなし。

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」著者:新井 紀子

AIの研究により、人の頭の良さがわかった。
それは「基礎的読解力が高い」こと。
試験でも良い点が取れる。
難関の大学を通る人達は、基礎読解力が高い。


読解力とは、文章の意味を理解できる能力である。


本の中で基礎読解力の問題が出ていたが、間違いました。
文章があいまいじゃね?と思うのだが、ちゃんと回答できる人がいるんだよね~。


で、この基礎読解力を伸ばす方法が、現状わからない。
(読書好きでも読解力の能力に関係無かった。)


思ったのは、養老さんが言っている脳化社会なのかな~。
全てを概要化、「丸めて」考える。
パっと把握するのだが、深い意味は理解していない。


そして、未来のAIにより仕事が無くなる話。
経済学者とかは「AIにより、仕事が無くなった人達は、新しい仕事に就職できる。」なんて言うが、AIに奪われた仕事しか出来ない人が、その新しい仕事が出来るのか?という問題。
もしくは、仕事にあぶれた人が既存の仕事に入ってきた時、既存の仕事に入っていた「その仕事があまり出来ない人」が追い出される。その追い出された人達は、他に仕事があるのか?
そして、今の学校は「AIで奪われる仕事の人材」しか育てていない。


ちょっと楽観できませんネ。

「容疑者Xの献身」著者:東野 圭吾

泣けた。
電車の中で読み終わったので、泣くのをごまかすのが難しかった。
最後の章は、家で読んだ方が良かったな~。感情は、しっかり消化した方が良いです。



★★★以下、ネタバレ内容アリなので、本を読みたい人は読まないでね★★★


もっと色々あるけど、とりあえず、断片的思ったこと。


石神の純真さ、純粋なまでの愚かさ、宗教的な自己犠牲。
靖子が自首し、警察署内で石神と会った時の言葉の後の石神の気持ち。
自分の犯罪が崩れたことの悲しみ、悔しさ。
靖子が黙っていられるほど強いのか?、靖子の人生を考えると、この罪を黙っている程、のしかかってくるだろう心の重さの予想。でも、自首したから心が軽くなったのだろうという安堵。


石神の気持ちが色々と想像できるので泣ける。まったく、野暮なんだけどね。


やっぱり、娘は、罪の重さ、今後も黙り続けなければならない未来、石神への懺悔、に自殺未遂をしたのかな~。 


石神において、論理が究極まで行ってしまうと、人を殺す事も何とも思わなくなるか?
湯川は「歯車は自分で仕事を決められる」と人間性があった。
「なぜ、人を殺してはいけないのか?」
「他人にやられて嫌なことは、自分もやってはならない」
「では、自分が死んでも良いなら、殺しても良いのか」
石神は自殺をしようとしていた。しかし、母娘に会ったので思いとどまった。
母娘に対して「崇拝」ならば、工藤に対して嫉妬を抱いたのか?
私は、嫉妬を抱かないと思うのだが、湯川が居たから嫉妬の顔を見せたのか?
でも、ちょっとは恋人の位置を狙っての嫉妬があった?


と、とりとめのない考え。

「羊をめぐる冒険(上)(下)」著者:村上 春樹

河合隼雄さんのエッセイの中で、この本が紹介されていたので読んでみた。
青年の悩み的な章で「何の欲も無い、羊男みたいなものも出てくる」と。
羊男、防衛ゆえの無欲なのかしら?


さてさて、
あー、「羊をめぐる冒険」が終わってしまった。


小説って、あんまり好きでは無い。
とても良い小説は「この世界が終わってほしくない」と思うし、
つまらない小説は「この時間を返せ!」と思う。


良い小説だと、同じ作家さんの出している本を全部読みたくなってしまう。
ちょっとしか出してなければ「次の本、早く出ないかな~」と思うし、
たくさん出ていれば「こんなに本を出さなくても」と思う。


まあ、つべこべ言わずに読めば良いのである。


この本は、推理小説のよう。
(文学のような推理小説もあるけど、その違いは誰が線を引いているのだろうか?)


もちろん、この本は”良い小説”の方でした。


★★ここからネタバレしますので、ネタバレしたく無い人は読まないでね★★
以下、妄想、無駄な想念、結論の出ていない考え。の覚え書き。


●誰も本名を持たない
勝手に思ったが「僕のアイデンティティー獲得(確立)の物語」なので、僕も含めて名前が無いのだろうか?
僕、女の子、妻、彼女、秘書、運転手、鼠。”名称”や”あだ名”のみが出てくる。
そういえば、「ジェイ」が出てくるやん、と思ったら「ジェイ」もあだ名だった。
猫だけが、初めに猫としか呼ばれてなかったが「いわし」という名前がつけられる。
年老いた雄猫、オールドワイズマン、猫は意識と無意識をいったりきたり。
結局、この物語は、自我獲得できなかったのかな~。
最後に名前が出てきたら、自我獲得が示唆されていたと推論できたが・・・。
やはり、開いたままで終わるからこそ、今後の妄想が広がるので良いのかな~。
今後、僕はどうしたのだろう。


●鼠だから羊を封印できた
十二支、子牛虎卯辰・・・。
時計に当てはめると、子が1時、羊が8時。
羊(8時)の反対の牛(2時)とかだったら、がっつりハマってしまったかも。
鼠は羊の正面からハズれていたので、あまり操られずに封印が出来たといえるかも。
それで言うと、特に明記されていないので妄想だが、羊博士(=虎)、先生(=牛)で鬼門が開いた?


●僕の女性性の統合
夢でのセックスなどは性的欲求が高いのか?と簡単に考えるが、
心理学で、異性性(男にとって、女性性)の統合、結合などの意味を持つ場合もある。
以下、僕の女性遍歴は、裏にこのような女性性が隠れているのかもしれない。


誰とでも寝る女の子(肉体的な女性性)
妻(社会(契約)的な女性性)
彼女(無意識とのつながりの女性性)


そして、”セックス”から”性交”へと表現が変わる時があり、僕の女性性の受け取り方が変化したのだろうか?


●彼女の3つの職業、高級コールガール、耳タレント、文書校正。
>高級コールガール
初めの「誰とでも寝る女の子」の上級版か?
体による収入を得る。体による社会的つながり。
>耳タレント
耳は、中医学で「水」のカテゴリー、生命力を司る。
>文書校正
言語、言葉、訂正、修正。


社会、生命、言語、これは、あんまり読めてない、とりとめが無い。


●巫女から男性シャーマンへのバトンタッチ
彼女は、予知能力みたいな巫女さんの能力を持っていた。
それが、山の中に入ると、頭痛がして能力が使えなくなる。
山に入る前は、アスファルト、ビルなど男性社会だったので、巫女さんとして生きていられたが、山では”母なる大地”となり、女性が嫌われ、男のシャーマン(羊男)へとガイドのバトンタッチが行われた。
母の怒りを買い、巫女さんの能力すらも奪われてしまう。


●彼女から能力が無くなった時の鼠のセリフ
鼠が「遅かれ早かれいつか消えるはずのものだった」と言っている。
河合隼雄さんのエッセイで、小学生ぐらいまで全能感があり、思春期(性のめざめ)で地に落とされ、混乱期が訪れる。
なんだか、それを指しているのかな~なんてこのセリフで思った。

「心理療法個人授業」著者:河合 隼雄、南 伸坊

南さんの質問から河合さんが答えて、講義が行われた後、南さんがレポートとしてまとめる。
そのレポートに対して、河合さんがコメントする。
南さんのレポート、プラス、そのレポートに対しての河合さんのコメントが1セットでいくつかの講義を収録。
レポートに対して、「それは違いますよ。」と河合さんが指摘している場面もあり。
うーむ、講義の全部が知りたかったわ~。


心理学の歴史の流れの概要など半分ぐらいのページで語られているので、いつもの河合隼雄節は少なめかな?


でも、これはこれで違う河合隼雄さんの一面を見れて良かったです。


読んでみて、こんなイメージを持った。
クライアントは「抑圧して見ない壁」があって、周りの人から見ると「あの人、何で変な動きしているの?」となる。
カウンセラーはクライアントと同じになって理解しつつ「何で、こんな動きするんですかね~」と問題提示し、クライアント自身に「こんな壁がありました。」と自力で発見してもらう。


もしくは、
みんな、個人個人で独自の人生のドリル(問題集)みたいなモノを持っていて、その問題には答えが無い。
その問題を解く方法は、他人の方法も参考になるが、答えが無いから、自分で回答を書き込むしかない。
でも、回答しても「本当にそれで良かったのかしら?」なんて引っかかり続ける場合もある。