ミケハのブログ

日常の事など覚書。
★募集中★
サイドバー[カテゴリー・タグ]より
ガイド拝見→[募集]ガイド拝見

「「超能力」と「気」の謎に挑む」著者:天外 伺朗

1993年、(2018年より)25年前の作品。
科学的な視点を外さずに「超能力」「気」を解説。
全然古く無い話。
むむっ、ってことは、25年前から進歩して無いって事か。


超能力、山羊(懐疑主義者)が多い場所だと発揮されない。
と言うか、懐疑主義者は「超能力は無い」という否定の超能力で、超能力を打ち消している?


妄想だが、
ある書の中の「二人または三人が心を一つにして~」と言うのは、奇跡を起こせる方法なのではないだろうか?


中国かどっかの祈祷で治すチームは、患者と一緒に部屋に入り、「これは絶対治る」と3人ぐらいで「本当に心底信じて」治す。しかも、患者の付き添いが治ると信じてない場合は「おまえ信じてないなら、この部屋から出ていけ!」と。
という話をどっかで読んだ記憶がある。(うろ覚え)


そろそろ思念パワーを測定できる機械でないもんかね~。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。