ミケハのブログ

日常の事など覚書。
★募集中★
サイドバー[カテゴリー・タグ]より
ガイド拝見→[募集]ガイド拝見

「わたしが正義について語るなら」著者:やなせ たかし

児童向けに刊行された「未来のおとなへ語る わたしが正義について語るなら」を新書化したもの。
言わずと知れたアンパンマンの作者、やなせさんのエッセイみたいな、半生記も記載された本。
軽く読めます。


かなり波乱万丈な人生を歩まれております。
マンガ家になりたかったがなれず、流れ流れて子供向けの絵本作家に。


アンパンマンは、初めは大不評。特に大人達は拒否反応がすごかったそうだ。
でも、子供はのめり込んで読んでいた。
そこから、だんだん認知されていった。


色々なアンパンマンに出てくるキャラクターの原点もわかります。
アンパンマン好きなら。


私の心には、あんまり残らなかったな~。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。