ミケハのブログ

日常の事など覚書。

★募集中★

サイドバー[カテゴリー・タグ]より、
ガイド拝見→[募集]ガイド拝見

「ハーバード白熱日本史教室(新潮新書)」著者:北川 智子

白熱教室の本のような対話形式の授業本だと思うとがっかりする。
というか、白熱教室なんて付けなくても充分面白い内容で、流行にのったタイトルにしなくても良いのにな~、ともったいない感じ。


この著者さん、バリバリの理系女子だったのに、ハーバード大学で日本史の先生になってしまう。その転身が面白い。
そして、アメリカの大学の柔軟性がスゴイ。日本の大学なら、ずっと日本史をやってる人しか取らないのでは?


さて、
本の内容は、著者さんの回顧録、日本史の授業風景と内容の紹介、ハーバード大学ならではの生徒による先生の評価など。


そもそも著者さんが日本史の先生になったのは、ハーバード大学の単発授業で日本史を習った時、男のサムライ達しか紹介されていなかった事にひっかかって、女性が活躍する日本史を提案したからである。
そういえば、日本のサル研究で、女性研究者が参入しなければサルの社会形態が解明できなかった事例を思い出す。
女性の研究者、大事!


女性が活躍する日本史として、豊臣秀吉の本妻ねねが紹介されており、ねねの役割が重要なのがわかる。
というか、ねねがここまで活躍していたなんて全然知らなかった。


そして授業の紹介、こんな授業があったら私も受けてみたい!し、一生心に残るような授業になりそう。
日本でも、こんな先生が居ればな~。
ビジネスのプレゼンの参考にもなる?!かも。


そんなところで。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。