ミケハのブログ

日常の事など覚書。
★募集中★
サイドバー[カテゴリー・タグ]より
ガイド拝見→[募集]ガイド拝見

「縦糸横糸」著者:河合 隼雄

98年頃(?かな)のニュースになったような事件などに対して、河合さんが思ったことを書いたエッセイ。


扱われるのは、
中学生のナイフ事件、援助交際、汚職事件、アメリカの学校での銃乱射事件など。
ああ、そういえば、そんな事件もあったな~、と。


どれも解決できるような問題では無いため、読後は爽やかとは言えません。
しかし、河合さんだからこその考えなどが読めて面白い。


以下、心に残った事。
--------
「アメリカの学校での銃乱射事件での影のヒーロー」
アメリカの学校で銃乱射事件が起こり、そこでケアを行っていたスクールカウンセラーと河合さんが話をする機会があったそうだ。
学校に銃を持った犯人が、人を殺しまわっていた時、あまりのことで固まってしまった学生を押したり、手を引いたりして安全地帯に行かせ、鍵をかけたりして、学生を救った用務員さんがいたそうだ。


河合さんとしては、その用務員さんは、年配の方かと思ったら、「知恵遅れの青年」だったそうだ。
危機の時に、固まってしまう頭の良い学生と、ちゃんと危機回避する(しかも人助けまで出来る)青年。
教育としては、どうなのか?と疑問を投げかける。
--------
「政治家、官僚の汚職事件について」
河合さんが外国の方に言われた事から、検討が始まる。


外国の方が日本に来た時、財布を落としてしまった。しかも、高額が入っていた。
もちろん、諦めていたわけだが、交番に届けられており、中身もそのまま、手元に戻ってきた。
他の方も、高級カメラを置き忘れたが、無事戻ってきた。


そこから、外国の方が河合さんに質問する。
「日本人は倫理観がとてもあるが、政治家や官僚が汚職などで倫理観が無いのはどうしてか?」


河合さんが考える。
倫理観が無い者が一部いるとか、倫理観が無い者が政治家や官僚になるという訳で無い。
これは「役得」ではないだろうか、と。


これ、大いに納得した!
(個人の妄想です。)
バカにしている有権者に頭を下げまくり、金もバラまき、やっと一人前の政治家になれた。
「あの不遇だった時代を取り戻すぞ。これから黄金期だ」視察と称して無料で外国に行き、前任者もやっていた汚職も行い、これぞ「役得」である。
これじゃ、汚職や公費の使いまくり、無くなりませんわな~。
--------
さて、今も同じ様な、似たような事件が起きてて、どうすればいいのかね~。

「なぜヤギは、車好きなのか?」著者:小林 朋道

おススメ。
大学でのヤギ飼育で、いくつかのエピソードをエッセイにした本。
本の題名は、その中のちょっとしたエピソードの一つ。なので、本の題名を深く掘り下げる研究書では無いので、安心して読めますヨ~。
文庫化にあたり、エピソード2編がリニューアルされているとの事。


ヤギ、可愛いな~。


ヤギは、子供の頃はついてきたりするが、大人になるとついて来ないそうだ。
集団で狩りをするわけでは無いので、グループと離れても、草があれば良いのである。
むしろ離れていた方が、食い物が個体ごとに確保される。


内容は、
ヤギのコミュニケーション方法。
どこからヤギが脱走しているのか?謎を追え。
雪で心細くなったヤギの行動。
発泡スチロールでヤギの姿を作ったら、ヤギはどんな行動をするか?
などなど。


ヤギの飼育エピソードや、実験エピソードなど面白いです。
泣けるエピソードもあります。

「だいじょうぶ」著者:鎌田 實、水谷 修

2009年出版。
写真の表紙から「政治評論家のお二人かしら?」と思ったら、病院の先生と夜回り先生でした。
お二人の往復書簡から、最後に対談する本。


2009年、お二人が感じ、関わってきた日本の教育、医療と青年の現状。
引き込まれて一気に読んじまった。
往復書簡で何回も泣けます。


読んでいて THE BLUE HEARTSの「TRAIN-TRAIN」の歌詞を思い出した。
(歌詞抜粋)

弱いもの達が夕暮れ さらに弱いものをたたく

見えない自由が欲しくて
見えない銃で撃ちまくる
本当の声を聞かせておくれよ

此処は天国じゃないんだ かといって地獄でもない
良い奴ばかりじゃないけど 悪い奴ばかりでもない

----------
本出版から9年経っているが、本で問題とされていた事は、もっとひどくなっている。
タイトルの逆で、全然だいじょうぶでは無い。
けど、お二人とも痛いほど、だいじょうぶでは無いのがわかっていると思うが、お二人が関わってきた若者達に希望がある。


ちゃんとした政治家に投票する。
そして、ボランティア、地域に貢献、何か出来る事があればしよう。
心に火をつける本です。うぃ

「マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育」著者:田中 昌子、空生 直

近所を歩いていたら、地域の掲示板に「モンテッソーリ教室、始まります」なんて張り紙があった。
モンチッチ? マッテッテソーリ? パンテッタ・ジローラモ?
子供の教育教室でした。


そういえば以前は、本田姉妹もやっていた七田式が注目されてましたね。
で、今、将棋の藤井さんがやっていたので、モンテッソーリに注目が集まっているようだ。
ふーん、新しい子供の教育方法って、次々出てくるもんやね~。


本屋の本棚にも、今、モンテッソーリ関連本がたくさん並んでいます。
「まんが」なので気軽に読んでみました。


この本にも書いてありますが、モンテッソーリは「子供の英才教育」では無い!
子供を観察する事によって、生まれた教育方法だそうです。
よって、これを使う大人も、子供を良く観察する事が求められます。


子供に教えて、子供が出来なかった場合、子供が悪いのでは無く、教え方が悪い。
その子に合った教える方法で無いと、その子には伝わらない。
なので、色々教える方法、教える道具を工夫しなされ、と。


ミラーニューロンなど、今の最新科学から着想を得た教育方法など新しいです。


色々と図や表にまとめられているので、わかりやすいです。

「悩みにふりまわされてしんどいあなたへ」著者:志村 祥瑚、石井 遼介

電車に乗ってたら、この本の広告がありました。
「1回8000円のカウンセリングを受けたのと同じ効果でした。」なんて、ホンマかいな?
と、興味をそそられ読んでみた。


説明は少なめ。
自分で記入して進めていく本なので、ちゃんと書いて進めれば、かなり心が整理されます。


フォーカシング、ロールプレイなど、いろんなメソッドが入ってますね。
(えっ、単なる知識の披露?)


著者さんが、初めての本で本気が入ってるそうです。
うん、本気が入ってました。