ミケハのブログ

日常の事など覚書。
★募集中★
サイドバー[カテゴリー・タグ]より
ガイド拝見→[募集]ガイド拝見

「カウンセリングを考える(上)(創元こころ文庫)」著者:河合 隼雄

四天王寺で行われたカウンセリング講座をまとめた本。
一般人向けに講義されているので、読み易い。
20年以上前の講座であるが、今でも読みごたえアリです。


創元こころ文庫版では、巻末に岩宮 恵子さんの解説があり、
岩宮さんの体験と、現状のネット問題の紹介などもあり、お得?です。


「日本の悪いところと西洋の悪いところをミックスしたため、心の問題が起きている」と河合さんが表現されているところが印象に残りました。


社会、家族、いじめなど、事例を含めて講義されています。
親御さんが「月にもボタン一つで行ける時代に、問題を起こす子をボタン一つで治せないのか?」という風な表現をされているところに、情けないやら、うすら寒さを感じるやら。
しかし、実際に自分がその状況に置かれれば、テンパって、そういう風に思う可能性は無きにしも非ず。
うーん。


岩宮さんの解説を読みながら、LINEなど人とつながる技術が発達したが、以下の2点を妄想した。
①ヤマアラシのジレンマ
単に例えの話で、
ヤマアラシ同士が寒いため寄り添うと、トゲが当たりお互い傷つく。
かといって、遠ざかると寒い。
傷つけずに温めあえる距離を試行錯誤しながら行動する。
親しい人間関係を構築する時、こういう風な感じではないか?という話。


昔はトゲが、竹刀ぐらいだったため、そんなにケガをしなかったが、
今は、真剣ぐらいのトゲで、ヤマアラシのジレンマをしているのでは?


②ネット上は「悪意の加速装置」
例えば、会って話をしていた場合、
A「Cって、気持ち悪いよね」
B「そうだね」(あんまり、この話はしたくないな)
A(Bの顔色や雰囲気を感じ、話題を変える)「今度の休日どうする?」


これがネット上でやりとりされれば、安易に想像がつくと思う。
A>Cって、気持ち悪いよね
B>そうだね
A>顔も行動も気持ち悪いわ~
・・・Bに取っては、聞きたくも無い悪口を聞かされ、AはBも同意していると思っている。
(まあ、良く言われる話やね。)


ここらへん、自分の気持ちを表明できる西洋的自我が必要としていました。
でも、まるまる西洋的自我では無く、日本風にしないと意味が無いとも。


恐ろしい時代と取るか、チャレンジ溢れる時代と取るか。

「哲おじさんと学くん」著者:永井 均

「<仏教3.0>を哲学する」を読んでから、こちらを読んでみました。
仏教の理論が、抜け出していない事が説明されていて納得。


学くんと哲おじさんの対話で進めれる。
タイトルの割に扱っている内容が難しい。


哲学は、感情的、情緒的におちいらずに考えを進める。
宗教的課題を、科学的に考えいく作業。
想念を垂れ流すわけではない。


著者さんがはじめに書いているが、初めから終わりまで一文一文逃す事無く読んでいかないと、変な解釈になっていく。
単語の意味が、普通に使われている事と違う場合がある。
その単語が他の単語の説明に使われていたりするので、本当に一文一文逃さないように読まないと、迷路にハマっていく。


途中に「悟じいさん」が出て来て、仏教の話をしていくが、本編に戻ると単語の意味がわからなくなっている。そんな時、4~5ページ戻って「この単語は、こういう説明で、こちらの単語を説明しているから」なんて、戻って読む事がしばしば。
というか、「悟じいさん」邪魔!
まあ、悟じいさんが出て来なくても、戻って読み返す事がしばしばあったが・・・


さて、
哲学で変な造語が作られるのも、わかる気がする。今ある単語で説明すると、他の意味に取られるからである。誤って解釈されるわな~。


内容ざっくり、
自分が感じているというのは、自分独自のモノであり、誰にも代えられない。
なんで自分が感じているのかも謎である。
ゲフッ、挫折! もう読んでもらった方がわかります(笑)


全ページの2/3以降は、読めるんだけど話についていけなくなる。
もう少し、他の本も読んでみよう。

「〈仏教3.0〉を哲学する」&「生きる稽古 死ぬ稽古」

「〈仏教3.0〉を哲学する」著者:藤田 一照、永井 均、山下 良道


>私が捉えた概要(間違ってるかもよ)
仏教1.0:
悟りがあると説明して、修行をするが、だんだん悟りに達するものが少なくなる。


仏教2.0:
悟りなんて、みんな知らない。形式だけの修行をみんな一生懸命やっている。


仏教3.0:
そもそも修行の前提を説明していないと、正しい修行にならない。前提を教えた上で修行する。


仏教2.0の修行が「自我を強化する」ような事になっており、仏教3.0にて前提に「無我、無常」を頭に入れた上で修行しないと失敗する。


禅で「野狐禅になる」と言われ「師匠が必要」と言う由縁は、「無我、無常」を教える人が居ないと「自我を強化する」修行になるからかな。


本の内容は、わかる部分とわからない部分があった。何だか腑に落ちない。
「アップデートする仏教」や、永井さんの「哲くんと~」など著作を読んでから、また挑もうかな。
と思いながら、最後まで読んだら、永井さんのあとがきがすごかった。


(曲解、誤読してるかもだけど、要約すると)
この本で披露したことは、全て通過した後のモノであり、
思考の手順を踏むなら、ちゃんと関連した本を読んで考えてほしい。
仏教の教えは(一部、感心したものもあるが)幼稚であり、興味が持てない。
ただ、瞑想は効果があった。
-------
ほっほっ~、あとがきを読んでから、内容を思い返すと、
藤田さん、山下さんは、仏教3.0で瞑想、思考を実践すれば「うまくいく」で止まっていた感じ。
永井さんは、思考の先の先を考えている。


そこらへんが、3人での対談でのブレブレ感になっていたのか?
もうちょっと、他の本を読んでから、リベンジしたいと思う。


他、
「進んだ科学は、魔法のように見える」との言葉があるが、
「進んだ思想を言う人は、聖人のように見える」と連想してみた。


ーーーーーーーーーーー
「生きる稽古 死ぬ稽古」著者:藤田 一照、伊東 昌美


上記の「仏教3.0」を読んだ後で「あっ、一照さんだ!」と見つけて読んでみた。
上記の本より、読み易い。
冒頭、伊東さんの「全てが億劫になり、億劫穴(おっくうけつ)に入る時がある」とのイラストに、あるあると共感。


一照さんが、伊東さんに教える形で対談が進むので「わかる、わかる!」と読み進められた。


「生と死」とは、スタートがあってゴールがあるような直線コースでは無く、
紙の表が「生」、裏が「死」というように、どこでも生と死がある。


悩みとは、自分の枠にこだわっているからで、枠を外せば、悩みも無くなる。


なんか、ありきたりな感じになってしまったが、本では、もうちょっと感心できる様に書かれています。


一照さん的な見方に興味を持たれた方は、ぜひ。

「大人になることのむずかしさ」著者:河合 隼雄

<子どもとファンタジー>コレクションⅤ
親や先生に向けて、心理臨床家がケースを交えながら「青年から大人になることのむずかしさ」をまとめた本。


青年が起こす血なまぐさい事件なども「大人になる儀式の失敗では無いか?」と推測する。
(一応、全部が全部そうでは無いと言ったうえで。)


社会的、身体的に大人になっても、精神的に大人になっていない日本人が多い。
・・・と言われて「あ~、あの初老の人々。」なんて想像してしまう。


大人って何でしょうね?
この本での一つ定義されているのが「孤独に耐えられ、かつ、必要な時に人と連帯できる」とある。


他、良く言われる流れとしては、高度成長期などの時は、
「とりあえず、家族を作って、子供を2、3人つくって、家庭を養って、生きる」
みたいな型があったが、今はお手本となる型が存在しない。
また、自分で好きに型を作ってイイのに、未だに何らかの型にはまろうとして「理想通りに出来ない」ともがいている人も多いのではないだろうか?


また、社会的に「大人」と定義されるルールが、素早く変化していく時代である、とも表現する。
社会Aでは充分に大人でも、次のトレンドの社会Bでは大人として機能できない。
社会C、D、E・・・と、どんどん変改していく、らしい。


問題の分析から問題提起。うーん。
「生きる」はアドリブ。

映画「未来のミライ」見てきました。

(以下は、予告でも予想できる範囲で導入まで)
くんちゃん、主人公、4歳の男の子。
妹のミライが産まれて家にやってきた。
親かくんちゃんにかまってくれなくなり、くんちゃんは赤ちゃん返りする。
妹のミライに対してギクシャクしたまま、中庭に出ると、不思議な光景が展開されていく。
--------


思い出されるのは、NHKのファミリーヒストリー!
男の子の成長物語なんだろうな~って思ったが、予想通り、ド直球ストレート勝負!・・・泣けます。


人生に悩んでる人、思春期(男性16歳以上、女性14歳以上)以上の人、
そんな人達に「お金オゴってあげるから、この映画観てきな!」とおススメできる映画。


連続して観ようとは思わないが、人生の節目節目で観たい。人生のその時その時で、感じる事は違うだろう。お年寄りも見れる家族に優しい映画。
で、大ヒットは無いかもだけど、ロングラン上映していれば、お客さんは一定数入り続けそうな不思議な映画となりそう。(ヒットしないと、途中で終わる館が多いかな~。)


>以下は断片的、ネタバレしない感じで感想。
初め、親の二人(星野さんと麻生さん)の声が録音スタジオが悪いのか、ちょっと反響していて気になった。
でも、話に引き込まれれば、(それとも録音スタジオ変わった?)気にならなくなった。


あのキャラクターの声、福山さんだったのか~、わからなかったわ~。カッコ良かった。


監督さん、アニメの声優さん使ってください! 命かけて声優の仕事やってるわけだし。


>まとめの感想
世界の危機を救うわけでも無く、家族の中で話が完結しているが、壮大なファンタジーが展開されております。
エピソードを追加して、テレビアニメで12話もので観せても、面白いと思う。
もしくは、これを俳優さんが出てくる生の舞台でも。


他、
子供はいないけど、次の世代に「カッコいい大人の姿」をみせたい。
いや「等身大の嘘偽りの無い姿でカッコいい!」みたいな生き様がいいかな。
てな感じで、すごく良い作品ですよ~。