ミケハのブログ

日常の事など覚書。
★募集中★
サイドバー[カテゴリー・タグ]より
ガイド拝見→[募集]ガイド拝見

「サンガジャパンVol.16 特集:怒り」著者:サンガ

「怒り」について、僧侶の方の何人かが話しているので、色々な角度で怒りを分析できて面白い。


他、
田口ランディさんと対談されていたお坊さんの、「お坊さんになられた」経緯が面白い。
また、そのお坊さんが「目からウロコの法華経講話」という型破りな仏教講話本を出しているという事なので、この本も読まねば!と思う。


また、他の方の記事で、
池上彰さんと大川隆法さんが、読者などに伝える方式は同じではないか?みたいな論もあり、なるほど!と。


またまた、他の記事で、全身不随のカンポンさんの沖縄講演旅行の話もあり。


結構、幅広い記事があるので、興味深く読めました。

2018/10/09 F12:ヘミシンク修行

自分の中で不安があるので、ヘミシンクで取り除いてみようチャレンジ!
F12のフリーフローを使用。


不安を知りたい!とオーダー。


不安として出てきたのは、コールタールのような茶色、黒色のような粘着性のある物体。
これが不安か~、とコールタールに話を聞いてみる。
なんて考えつつ、話は出来ないが、思念としては「自信の無さ」「承認欲求」みたいなものが出てきた。


こんな時には出来た事の10個を挙げてみると良いらしい。
もう何でも良いのよ、「朝起きた」とか「歯磨きした」とか、で適当に10個出来たことを挙げてみる。
いつの間にか、コールタールが無くなっていった。


あれっ、こんな簡単な感じでいんかい?


今回はここまで。

2018/10/07 F15:ヘミシンク修行

何だか、ヘミシンク修行を読む人が居るのだな~。
と思うと、修行しよう!とひさしぶりに修行。


自分は、初めての事に対して、あまりにもスゴイ抵抗があるので、
F15のフリーフローを聞いて「抵抗を知りたい」とオーダーする。


何だか戦争中の場面で、ミュラーという名前らしい。
小部隊の指揮をとっていて、初めの作戦で、ちょっとした損害を出してしまい、自信を無くす。


もう終わった事ですよ~。とミュラーさんに安心感を与えておく。
う~む、効いてるのかな?


今回、ここまで。

「もしも諸葛亮孔明の"妖精"が太平洋戦争を指揮したら?」著者:青木 ばなな

♪戦争を知らずに~僕らは育ぁっ~た~(古い)


全編マンガです。
太平洋戦争で孔明さんがいたら、どんな作戦を取るかな?という話。


ゲームのように全編サラッと書かれているので、スラスラ読めます。
孔明さんの作戦を取り入れても、実践では本当に勝てていたか?というのはあるけれど、こういう歴史ifは面白いですね。


で、すらっーと読んだ後に「あとがき」もマンガになっていましたが、この本の真髄は「あとがき」にありました。
この本で、戦争を「なぜサラッと書いた」のか、孔明さんを「なぜ妖精にしたのか」、本編よりも「あとがき」の方が字が多く、熱意を感じます。


ちょっと太平洋戦争の関連本を読んでみようかな~。

「自分を変える「身口意」の法則」著者:種市 勝覺

自己啓発系。
身口意を一致させて、人生を自立的に動かそう、という本。
空海さんの密教の一部の教えがわかりやすく解説されているように思います。


人生の願望は、願って叶うというモノでは無く、あくまで体験、経験が大事。
100%出来るでは無く、1%でも2%でもクリアした、という積み重ね。
なぜ、出来ない?では無く、どのようにするか?


結構、今の自分にストーンと心に落ちてきた。
考え方がちょっと変わった。


著者の方は空海密教阿闍梨さんとの事。
空海さん、やっぱりスゴイね~。