ミケハのブログ

ヘミシンク、レイキ、アニメ・マンガ、ゲーム、日常の事など覚書。
座右の銘:他人に甘く。自分には、もっと甘く。
★募集中:2件★
アーカイブ
2017年07月→2017/07/30 01:00→[募集]遠隔レイキ実験
2017年08月→2017/08/08 22:32→[募集]ガイド拝見

井の頭自然文化園に行ってきましたー

2017/10/19 大雨だ、寒い。12月中旬の寒さだそうで。
雨の日に文化園に入ると、クリアファイルをくれるみたいです。
(現在のみかもヨ? クリアファイルがリアルのフェネックギツネ写真でカワイイっス。)


とりあえず、人が全然いない。ほぼ、私の貸し切り状態。
まあ、寒いし大雨なので、動物達は屋根のある所で丸まってる事多し。
印象に残っている動物達をいくつか。


>フェネックギツネ
屋内のガラスの近くで3匹が丸まって、団子3兄弟で寝てるのがカワイイ。
耳が大きいので、丸まってる状態で耳だけがびょーんと出ている。


>テン
雨なのに、走り回っている。おー!
他の檻にもテン(ちいさなおうちの前の檻)がいて、威嚇鳴きをされて、良かったわー。


>リスの小径
リスの檻の中へそのまま入れる展示。
2重扉になってます。
警備員さんが居て、扉を開けてくださった。
「リスが巣に帰って、居ないかもしれません。」と言われたけれども、
いやいや、こちらこそ、大雨の中、ありがとうございます!と心の中で思った。


でも、リス居ましたよ! 4~5匹が人間近くを素早く動きまわってます。


>水生物園
チケット1枚400円で、動物園と水生物園に行けます。安い!
何で動物園、こんなに安い料金なんだ!
水生物園は、後日でも行けるので、今回は行かず。


>ででんでん
けものフレンズのスタンプラリー、コンプリート!
京王多摩動物公園にそのまま行って、チャーム頂きました。

多摩動物公園に行ってきました~

■けものフレンズ関連
10/22まで「けものフレンズ」のスタンプラリーをやっているようで、詳しく見ないで行ってしまった。
ゴールが京王多摩動物公園の改札の外にしかないので、多摩動物公園より、井の頭自然文化園から先に行った方が良いです。(むー井の頭自然文化園にも行くか?)


10/7~10/22の期間は、フェネックギツネのヘッドマーク型チャームが配られます。
(チャームが無くなり次第、ステッカーに変更。)
※10/18 15:30頃、まだチャームがあるそうです。


他、多摩動物公園内の入り口付近のギフトショップ内で、尾崎由香さんのアナウンスが聞けました。(「10/21、10/22にアフリカフェアをやる」というアナウンスと、「ようこそジャパリパークへ」の歌が流れてました。本当に今だけのレアアナウンス。)


■ここから園の話
11:00から入って、15:15頃までいたかな~。
これで600円は安い。(1000円にしても払うぞ。)
坂が多いけど、動物がいるので、全然気にならずに上り降りできました。良い運動になります。
カメラ、双眼鏡などあると、尚楽しめるかも。


■昆虫園
年取って、虫が苦手に。
でも、もったいないので行ってみた。


昆虫生態園に入ると、
「スゴイ、この世の天国か!」と思えるほど、色とりどりの蝶達が舞っていた。
温室なので、ちょっと蒸し暑い。
こんな世界があるんだ~と感動。おススメです。


昆虫館本館、グローワームの展示が良くわからず。
真っ暗な中で、何が展示されているかわからない。
本能的、恐怖。というか、お化け屋敷みたいな感じで、そそくさと移動する。
出口付近のビデオ説明で、洞窟内で光る虫らしい、とわかる。
この説明を、入口で聞けたら、暗闇で目をこらしたが・・・、もう一度入る気になれず。


■アフリカ園
色々工事中なので、昆虫園から迂回路を通り、アフリカ園へ。
サーバルちゃん。
カメラを持った人と、見物人が一人だったので、のんびり見れた。
あんまり鳴かないと思って待ってたら、スゴイ連続して鳴いた。
「みゃう」というより「ぴゃう」かな。(聞いて確かめてみて。)
サーバルちゃんの「みゃうみゃうみゃう」の原点に出会う。


■お昼から夕方
園児の集団が、そこかしこに現れる。
ふと、幼稚園の頃、ここの動物園に来たような記憶が蘇る。
この曲がりくねった坂とトイレと檻の配置が記憶にある。
確かめようが無いが、記憶の蘇りが面白かった。
まあ、園児の集団を避けるように動物を見学する。


■アジア園
13:40頃、オオカミ檻で、オオカミ達が遠吠えする。
生で遠吠えを見れた。
「ウォー」の他にも「ワウワウ」みたいな遠吠えの仕方も有り、生は違うね。


■フライングゲージ
人口の滝が、すんばらしい!
マイナスイオンは、ここまで来ないかな~。
何かのワシが「キョイキョイー」と鳴いたり、良い感じ。


■ウォークイン・バードゲージ
重い扉をくぐると、すぐ近くに鳥達がいる。
鳥の檻に入る状態である。(触ってはいけませんヨ。)
ここも、おススメです。
ゲージの出口付近に、鳥が泳いでいるプールがガラス張りであり、オシドリが間近に。
キレイな頭、体の模様が見れました。


■まとめ
たっぷり一日満喫できました。
ありがとう! 多摩動物公園!

彼女がほしい…のか?本当に?

今日は、人混みの中を歩いていたら、ふと「彼女がほしい」と思った。
しかし、すぐに、本当か?と考える。


彼女がいれば、性格が合わないとか、結婚したいとか、
次に結婚していれば、子供、家、デカいテレビ、全自動洗濯機がほしいとか、
子供がいれば、良い教育を受けさせたい、それにはもっと収入がほしいとか、
一つの目的が叶えられても、すぐに違う欲求が出てくるであろう事が予想できる。


欲求は、社会の刷り込みか、テレビで言ってることか、学校教育の皆と同じでなければならないとか、などの固定観念、洗脳された結果である。


私は、誰でも無い、私自身の人生を歩んでいるので、他人の人生との比較やら、イメージ内の社会的規範人生(いつまでにこれをやっておくとか)に歩幅を合わせても意味が無いし、疲れるだけである。


よって、”彼女がほしい”は、固定観念、どっかからの刷り込みと結論する。
というわけで、この頃「哲学かぶれ」である。