ミケハのブログ

日常の事など覚書。
★募集中★
サイドバー[カテゴリー・タグ]より
ガイド拝見→[募集]ガイド拝見

「羊をめぐる冒険(上)(下)」著者:村上 春樹

河合隼雄さんのエッセイの中で、この本が紹介されていたので読んでみた。
青年の悩み的な章で「何の欲も無い、羊男みたいなものも出てくる」と。
羊男、防衛ゆえの無欲なのかしら?


さてさて、
あー、「羊をめぐる冒険」が終わってしまった。


小説って、あんまり好きでは無い。
とても良い小説は「この世界が終わってほしくない」と思うし、
つまらない小説は「この時間を返せ!」と思う。


良い小説だと、同じ作家さんの出している本を全部読みたくなってしまう。
ちょっとしか出してなければ「次の本、早く出ないかな~」と思うし、
たくさん出ていれば「こんなに本を出さなくても」と思う。


まあ、つべこべ言わずに読めば良いのである。


この本は、推理小説のよう。
(文学のような推理小説もあるけど、その違いは誰が線を引いているのだろうか?)


もちろん、この本は”良い小説”の方でした。


★★ここからネタバレしますので、ネタバレしたく無い人は読まないでね★★
以下、妄想、無駄な想念、結論の出ていない考え。の覚え書き。


●誰も本名を持たない
勝手に思ったが「僕のアイデンティティー獲得(確立)の物語」なので、僕も含めて名前が無いのだろうか?
僕、女の子、妻、彼女、秘書、運転手、鼠。”名称”や”あだ名”のみが出てくる。
そういえば、「ジェイ」が出てくるやん、と思ったら「ジェイ」もあだ名だった。
猫だけが、初めに猫としか呼ばれてなかったが「いわし」という名前がつけられる。
年老いた雄猫、オールドワイズマン、猫は意識と無意識をいったりきたり。
結局、この物語は、自我獲得できなかったのかな~。
最後に名前が出てきたら、自我獲得が示唆されていたと推論できたが・・・。
やはり、開いたままで終わるからこそ、今後の妄想が広がるので良いのかな~。
今後、僕はどうしたのだろう。


●鼠だから羊を封印できた
十二支、子牛虎卯辰・・・。
時計に当てはめると、子が1時、羊が8時。
羊(8時)の反対の牛(2時)とかだったら、がっつりハマってしまったかも。
鼠は羊の正面からハズれていたので、あまり操られずに封印が出来たといえるかも。
それで言うと、特に明記されていないので妄想だが、羊博士(=虎)、先生(=牛)で鬼門が開いた?


●僕の女性性の統合
夢でのセックスなどは性的欲求が高いのか?と簡単に考えるが、
心理学で、異性性(男にとって、女性性)の統合、結合などの意味を持つ場合もある。
以下、僕の女性遍歴は、裏にこのような女性性が隠れているのかもしれない。


誰とでも寝る女の子(肉体的な女性性)
妻(社会(契約)的な女性性)
彼女(無意識とのつながりの女性性)


そして、”セックス”から”性交”へと表現が変わる時があり、僕の女性性の受け取り方が変化したのだろうか?


●彼女の3つの職業、高級コールガール、耳タレント、文書校正。
>高級コールガール
初めの「誰とでも寝る女の子」の上級版か?
体による収入を得る。体による社会的つながり。
>耳タレント
耳は、中医学で「水」のカテゴリー、生命力を司る。
>文書校正
言語、言葉、訂正、修正。


社会、生命、言語、これは、あんまり読めてない、とりとめが無い。


●巫女から男性シャーマンへのバトンタッチ
彼女は、予知能力みたいな巫女さんの能力を持っていた。
それが、山の中に入ると、頭痛がして能力が使えなくなる。
山に入る前は、アスファルト、ビルなど男性社会だったので、巫女さんとして生きていられたが、山では”母なる大地”となり、女性が嫌われ、男のシャーマン(羊男)へとガイドのバトンタッチが行われた。
母の怒りを買い、巫女さんの能力すらも奪われてしまう。


●彼女から能力が無くなった時の鼠のセリフ
鼠が「遅かれ早かれいつか消えるはずのものだった」と言っている。
河合隼雄さんのエッセイで、小学生ぐらいまで全能感があり、思春期(性のめざめ)で地に落とされ、混乱期が訪れる。
なんだか、それを指しているのかな~なんてこのセリフで思った。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。