ミケハのブログ

日常の事など覚書。
★募集中★
サイドバー[カテゴリー・タグ]より
ガイド拝見→[募集]ガイド拝見

「グーグル時代の情報整理術」著者:ダグラス・C・メリル、ジェイムズ・A・マーティン

単なる情報整理の方法が列挙されているなら、いらんば~い。
と思っていたが、著者のダグラスさんは元グーグル社の最高情報責任者との事。
グーグルのエライ人が書く「情報整理術」なんて、興味があるじゃな~い。


ダグラスさんは、子供の頃から失読症(数字が反転して見えるので算数が困難。文字も反転するので本を読むのも困難。)で、大変苦労されたそうです。
その失読症との付き合いで(きっとすごい悩みもあっただろう)認知科学の博士号まで取得する。
情報の整理は生きる上で必須だった…はず。なので、この本、人生の参考にもなります。


さて「万人に共通する整理術など無い!」と断言し、パート1 自分を客観的に見直す。から始まります。
自分に合った整理術を見つけよう!
パート2は、アプリケーションの細かい使い方の記載なので、読み飛ばして良いかな。
パート1、パート3、エピローグだけでも、ためになります。


情報整理術の面白い例えが、
昔は洋服をハンガーにかけ、タンスにしまって、春物、夏物などなど分ける必要があった。
今は洋服をぐちゃぐちゃ山にして、検索ワードを入れれば必要な洋服が出てくる。
というように、テキスト、文書などフォルダー分けなどせずに、一つのフォルダーにごちゃごちゃに入れて、検索すればいいじゃん、という話。
検索あてにならんわ~と思っても、今は検索エンジンが優秀なので、この方法でも良いのかな~。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。