ミケハのブログ

日常の事など覚書。
★募集中★
サイドバー[カテゴリー・タグ]より
ガイド拝見→[募集]ガイド拝見

「なぜ社員はやる気をなくしているのか(日経ビジネス人文庫)」著者:柴田 昌治

社長や会社で権限のある人が読む本・・・かな。


「問題が無い」と自認している会社は、いつか立ち行かなくなる。
なんだか、「いじめが無い」と言っている学校と同じだわな~。
健全な会社は、問題がある事を絶えず知っており、社員達が自発的に解決してしまう、ような所。


また、社員が「問題提起」をしても「なぜ、受け取られてないのか?」というのも色々記載があり、興味深い。
一つには、社員が見ている景色と、上司が見ている景色が違うからである。
そこを、上司が「全体が見えていない」とか言って受け取らないのは、その社員に取って見えない景色だから当たり前の話。
そこは、上司がフォローしないとね。


著者さんがコンサルティングの仕事で出会った事例がいくつか出てくるので、なるほど!と思う。


平社員や派遣社員は、その会社に及ぼす権限が無いので、この本をどう活かす?
問題点をわかってくれる人にプレゼンするか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。