ミケハのブログ

日常の事など覚書。
★募集中★
サイドバー[カテゴリー・タグ]より
ガイド拝見→[募集]ガイド拝見

「大人の友情」著者:河合 隼雄

友情に対してのエッセイ。
青年、中年、老年、同性愛など、いろいろな角度から友情を語ります。
長年生きていれば「あるある」のエピソード。


---
「1週間頑張ったが友達ができない」
河合さんの知りあいの臨床心理士が出会った話。
上記悩みで大学生をカウンセリングしたそうだ。
友達は、同じ授業を何回か受けてるうちにとか、食堂で食べる場所が近いとか、何となく話しかけられて、自然に出来る感じである。


友情、恋愛、結婚に限らず、会社、政治など、おおよそ人間が関わるもの「全て」って、正解も無いし、必勝の方法なんてものが無いわな~。
何か、うまい方法、100%の正解を求めてしまうのは「学校教育の弊害」では?(なんて、一般論でつまらなーい!)


-------
「友人とは」
とある論では、
「夜中の12時に、車のトランクに死体を入れて持ってきて、どうしようかと言ったとき、黙って話に乗ってくれる人だ。」
というようなものを紹介している。


もし友人が死体を持ってきたら、どうする?
自分だったら「自首しろ」なんて言うと思うが、この「自首しろ」というのも自分の保身の現れなのか。
友人は「自首しない」という選択をした上で、こちらに来たのか。
一応、「自首しろ」って言ってみるかな。


-------
「地雷を踏む一言」
仕事仲間と麻雀で仲良くなるも、
「きたない手をやるなぁ~、おまえは仕事もきたないからなぁ~」
と言ったため、絶交してしまったそうだ。 


龍には、一つだけ逆についている鱗があり、弱点でもあるため、そこにふれると激怒する。
「逆鱗(げきりん)にふれる」である。
ついつい何気に言ったり、何気に行動したことが、他の人を傷つけたり、怒らせたりする事は日常でもある。
いろいろ経験していくしかないんかね~。


-------
「トロフィーワイフやと!(怒)」
アメリカの言葉です。
若い頃に結婚して、奥さんが支えて旦那さんが成功した後、
旦那さんから「別に好きな人ができた。もう愛が無くなったので、別れよう。」と離婚する。
一応、養育費や生活費はしっかりもらえる。


ここで奥さんが「若い頃から支えていたのに、なんという裏切りだ」と日本ではなる。
しかし、アメリカでは「依存している未熟な人間」とみなされるそうだ。
「離婚しても一人の人間として元気でやってます。」と言うのが自立している人間。


で、その後、旦那さんが若い娘さんと結婚したりするが、その若い娘の奥さんを「トロフィーワイフ」と言うそうだ。
成功した後の「トロフィーの妻」である。
なんじゃそりゃ、女性蔑視もはなはだしい!(怒)
ここらへん、さすがアメリカ! 平等と言っておきながら、男性優位、他への差別が激しい。


-------
その他、
そいうえば「愚痴聞き」なる仕事がテレビで紹介されていた。
男性がやってるのと、女性がやってるので、別々の番組で計2回も紹介を見た。


素人さんがやっているなら「あぶない橋」を渡っているな~と思った。
愚痴がヒートアップして「怒りが湧いてきた、あいつ殺してやる」みたいになったら、どう対応するのだろう。
「いや、そんな事はやめてください。」「じゃあ、おまえを殺してやる。」グサッ。
そんな安易な展開は無いと思うが。


私だったら、河合さん系の臨床心理士の所に行きたいな~と思う。
どこでやっているのかわからん。京都? いや、今は必要無いですけど。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。